勃起不全の治療薬と混合服用してはいけないものがある

勃起不全(ED)の治療薬において、共通して注意しなければならない点の一つは、混合服用してはいけない薬があるということです。勃起不全治療薬を服用する際は、必ず添付文書を読んで、混合服用してはいけないものについて把握するようにしましょう。
勃起不全の治療薬と混合服用してはいけないものにはどのようなものがあるのかというと、まず挙げられるのは、ニトログリセリンに代表される硝酸剤と呼ばれる血管拡張剤です。硝酸剤を服用すると体内で一酸化窒素を産生しますが、この物質は平滑筋の弛緩に関与するcGMP(環状グアノシン一リン酸)の産生を促す働きがあります。一方で、勃起不全治療薬はcGMPの分解を抑制して陰茎の血流量を増加させることによって、勃起を起こりやすくするための錠剤です。そのため、硝酸剤と混合服用をしてしまうと、体内でcGMPの濃度上昇が一層すすみ、血管拡張に伴う降圧作用を増大させることになります。降圧作用の急激な増大は低血圧をもたらず原因となるため、硝酸剤は併用禁忌となっています。
また、アミオダロンと呼ばれる物質が有効成分として含まれている薬も併用禁忌となっています。アミオダロンは抗不整脈剤の一種ですが、混合服用することでQTcの延長作用が増幅され、心臓疾患を発症するリスクをたかめることに繋がります。
この他の医薬品については、混合服用をしても作用の増強や干渉などといったものは起きる可能性は少ないですが、一緒に服用している錠剤やカプセル剤などがある場合は、勃起不全の治療薬を処方してもらう際に医師に一緒に服用して良いかどうかを尋ねましょう。そして、混合服用しても良いといわれたものについても、指導された通りに服用するようにしましょう。